今からやれば、体が変わる!!先取りダイエット

2016年6月16日(木)

 

~とある日のステラ漢方~(御手洗、河野)
 
d5

 

ちょっと待った~!!!!

 

ダイエットには時間がかかることを忘れていませんか??

 

モニター調査をした結果以下のような結果が出ています。

 

Q:ダイエット成功までに要した時間は?

1位 3ヶ月~半年

2位 1~2ヶ月

3位 1年

 

 

なぜ体質改善には時間がかかるのか?

 

体に負担をかけることなく体質改善を行うことが大切です。

体調にもよりますが、明らかな体質の変化を感じるまでに早くても約1ヶ月から3ヶ月程かかるといわれています。なぜなら、人間の体を作っている細胞が完全に入れ替わるまでに約1ヶ月から3ヶ月は必要だからです。また、もう一つの理由として、毒素や老廃物の排泄期間があります。体質改善を行うためには、新陳代謝を高めて体内に蓄積された毒素や老廃物を排泄しなければなりません。この毒素や老廃物の排泄に掛かる期間も体質改善と同様に、約1ヶ月から3ヶ月はかかるといわれています。そのため、すぐに結果を求めるのではなく、毎日の継続こそが体質改善に繋がる第一歩なのです。

 

生活スタイルを見直そう!!

 

ダイエットを始めるとき、まず何から始めますか?

多くの人は食事制限をすることから始めます。確かに、ダイエットには食事制限が必要です。しかし、極端な食事制限のダイエットはリバウンドに繋がります。食事量を減らすだけの制限はやめましょう。極端なダイエットをしないためにも、まずはダイエット日記をつけ、自分の生活スタイルを知ることが大切です。

 

いつ何をしたのか

朝晩の体重

飲む水の量

トイレの回数

食事、間食内容

その他運動

 

上記の事項を記録することで「痩せない原因」や、「どうすれば痩せることができるのか」が分かりやすく、望む結果に近づくことができます。

 

体質改善の基礎知識

 

食事

食事は体づくりの基礎であり、日々活動していくためのエネルギーの素でもあります。冷え性や慢性的なだるさ、便秘、肩こりなどの体の不調は生活習慣や食生活を見直すことで、ある程度改善することができます。

運動

運動をしない状態が続くと、血液中に脂肪分が溢れ出し、高脂血症をもたらします。有酸素運動は酸素を取り入れ体脂肪を減らし、無酸素運動は筋肉を増やして基礎代謝量アップに繋がります。体質改善にはどちらの運動も不可欠です。

睡眠

細胞の生まれ変わりや、内臓の休息は寝ている間に行われるため、体質改善には十分な睡眠時間が欠かせません。就寝前のストレッチは血行が促進され、快眠を得やすくなり、新陳代謝の改善にも繋がります。

入浴法

体内に溜め込んだ毒素は脂肪と結びつく性質があります。入浴で汗をかいて代謝を良くし、毒素をうまく排出できる体に変えることが重要です。脂肪燃焼がスムーズになり、基礎代謝量のアップも期待できます。

 

体質改善がもたらす効果

 

体質改善を行うことで、ダイエット以外にも身体に様々な良い影響を与えます。

①身体の中に溜まった毒素が排出されやすくなる

②身体の免疫機能が上がり,病気にかかりにくくなる

③内臓の働きが活性化し,消化・排泄機能を正常に働かせる

 

 

d1

 

ダイエット必勝法!!グルテンフリーダイエット

グルテンフリーダイエットとは、いつもの食事から小麦を抜くだけの食事方法です。「グルテン」とは、小麦やライ麦、大麦が含まれるタンパク質の成分をいいます。グルテンには中毒性があり、食欲が止まらなくなるという恐ろしい特徴をもっています。また、摂取することで、食後に血糖値が急激に上昇し、それによって太りやすくなってしまいます。グルテンフリー食にするだけで、体重が落ちやすくなり、ホルモンバランスも整うためリバンドもしにくくなります。その結果、痩せやすい体質になるという今話題のダイエットなのです。

 

グルテン依存度チェック

 

□朝食はご飯よりパン

□流行のスイーツはとりあえず試す

□メニューに困ったら麺類

□麺類の食事の際は一品で済ませがち

□お好み焼きなどの粉物に目がない

□外食の時は和食より洋食派

 

押さえておきたい5つのポイント

 

①小麦粉が入った食材はNG

小麦、大麦、ライ麦を使った粉物はもちろん、スープやソースのとろみ付けの小麦にも注意!!

 

②炭水化物はゼロにしない

炭水化物を完全に抜くとストレスを感じ、暴食に繋がりやすくなるため、炭水化物はゼロにしない。

 

③日本酒・ワインはOK

ビールは主原料が大麦なので基本的にNG。中にはグルテンフリーのものもあるので、どうしても飲みたい方は原材料表示の確認を。

 

④素材次第でパン・パスタもOK

米粉・玄米粉を使ったものなら、パンやパスタの他、ラーメンもOK。グルテンフリーなだけでなく栄養素もたっぷり含まれている。

 

ラジオ体操ダイエット

 

ラジオ体操は全身の筋肉をしっかり伸縮させ、体を動かすことでダイエット効果をもたらします。ゆっくり呼吸をしながら、体を動かすことがラジオ体操ダイエットのポイントです。ラジオ体操による運動・ストレッチには、筋肉にしなやかさを持たせて鍛えるだけでなく、代謝を高める効果もあります。

 

ラジオ体操の消費カロリー=約25kcal→速い速度でのウォーキングとほぼ同じ消費量

 

ポイントは、一番効果的な時間帯は、朝目覚めてすぐの早い時間帯です。早朝に行うことで体内の機能を目覚めさせ、代謝が効果的に上がります。その結果、血行が良くなり、脂肪も燃焼されやすくなります。

 

運動後のたんぱく質で代謝アップ!青魚ダイエット

 

青魚は脂肪の燃焼を促進するEPAやDHAが豊富で、満腹感を得やすくしてくれるヒスチジンという成分を多く含んでいます。そのため、青魚をとることで自然と食事量が減り、太りにくい体を作るダイエット法です。朝・昼・晩の食事のうち、1日1回は青魚を食べるようにしましょう。また、青魚に含まれているEPA・DHAには血液をサラサラにする効果があり、タウリンには疲労回復効果があります。鉄分も豊富に含まれているので貧血予防にも効果的です。また、運動後にしっかりと高タンパク質の栄養をとることで、ダメージを受けた筋肉は回復します。ダイエットをしながら筋肉量を増やしたい方は「高タンパク質の食事+運動」をお勧めします。

 

ポイントは、青魚に含まれる不飽和脂肪酸は、エネルギー源や体を作る重要な働きをしているのですが、過剰に摂取すると、中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やす原因となってしまいます。栄養豊富であり、ダイエット効果も高い青魚ですが、食べすぎには注意しましょう!

 


最新記事