下半身太りを一気に解決!股関節エクササイズって?

2017年6月26日(月)

足の形やサイズが左右で違う、バストの大きさや位置が左右対照ではないなど。
股関節が歪んでいると体に様々な不調や違和感が出てきます。
 

 
kenko39_1
 
歪みがひどいほど、疲れが溜まりやすくなったり、下半身太りの原因になっている可能性もあります。
 
そうは言っても股関節の歪みをなくすには具体的に何をすればいいのでしょうか?

家で簡単にできる?股関節が固くてストレッチをしたくてもあぐらをかくことなどのポーズができない…というあなた!
 
今回はお家で今すぐ簡単にできる股関節エクササイズをご紹介します。
 
足指グーパー

 
1.椅子に浅く腰掛け、足を軽く開く。右手をお腹に、左手を太ももの上へ乗せる。左足はじゃんけんのグーの指の状態で丸めたままにする。
 
2.指先をできるだけ広げる。これをグーとパーの要領で交互に5~10回くり返す。
 
足の指先を動かすだけのこの運動、冷え性の方に特に効果があります。

 

 
足首ほぐし

 

kenko39_2
 
1.椅子に浅く腰掛け、足を軽く開く。右手をお腹に、左手を太ももの上に乗せる。左足の指先を丸め、かかとを上げる。
 
2.1の状態から左足を前に伸ばし、つま先をできるだけ上に向けて、かかとをつき、足首を伸ばす。5~10回くり返す。
 
ポイントは足の指先を、つらない程度に丸めること。この運動は特にむくみが気になる方にやっていただきたいエクササイズです。
 
 
お尻たたき

 
1.うつぶせになり両ひじを床につける。肩の力を抜いて肩甲骨を下げる。手は指先を軽くあごに添え、恥骨は床につける。両足は肩幅に開いていればOK!そのまま右足をひざから曲げ、足の指先を丸めて、かかとをお尻に近づける。
 
2.息を肺から押し出すように深く呼吸をしながらかかとでお尻をたたく。1に戻って左足でも同じように行い、左右交互に5~10回ずつ行ったら終了。リズミカルにお尻を叩きましょう♪

 

 
膝倒し  
 
kenko39_4
 
1.仰向けに寝て、両腕を伸ばす。背中や腰は床につけてリラックスしたまま、片足ずつ上に上げる。
 
2.かかとを上げたまま、左ひざを横に倒し脱力する。
 
3.上半身を動かさないで右ひざを左ひざの上に倒す。両脚を床につけて戻す。5~10回左右くり返す。

 

 
恥骨上げ

 

 
kenko39_3
 
1.仰向けになり、足は肩幅より少し前に開いて、腕は身体の横に置く。腰や背中が床から離れないように注意!
 
2.腕を持ち上げ、恥骨を上に見せるようにしてゆっくり足のつけ根を上げる。5~10回くり返す。疲れたら休憩をはさんでもOK!

 
 
股関節を意識しながら、生活を送っている方は少ないと思いますが、健康面、美容面でも重要な役割を果たすことはおわかりいただけたと思います!
まずは、どれだけ股関節がゆがんでいるのかを知ることが大切です。健康を維持できるようにチャレンジできることから始めてみましょう♪
どれも簡単なストレッチですので、是非試されてみて下さいね。
始めは、股関節がゆがんでいるため姿勢がとれないという方も、毎日続けていくことでだんだん出来るようになるので、焦らずに頑張っていきましょう♪ 


最新記事