錯視を使えば顔の印象は変えられる♪

2017年5月20日(土)

■人間の目は顔に敏感……?!

 

先日、「顔細胞」という言葉を初めて耳にしたのですが、皆さんご存知ですか?

 

顔細胞とは人の顔を記憶する役割をもつ神経細胞のことで、人間の脳に存在しているとか(・∀・)

人の目や鼻や口に反応し、それぞれのパーツを記憶することで、人の顔を識別しているのだそうです。

 

気になったので調べてみると、顔細胞には他の働きもありました。

 

壁のしみや木目の模様の一部が人の顔に見えてしまってびっくりした……!という経験ありませんか?

これも顔細胞の働きによるものなんです。

 

日常によく使う顔文字も同じ♪

 

(*´▽`*)

Σ(・ω・ノ)ノ!

(>_<)

(;´Д`)

 

↑これは全部、ただの記号の組み合わせですが、顔の表情に見えますよね(^^)

ただの模様や記号までも顔に見えてしまうほど、私たちの脳は「顔」に敏感なようです。

 

 

……ここでふと疑問が。

 

顔に敏感でも、人の顔を認識する私たちの「見る目」は本当に確かなの???(‘ω’)

 

ということで実験してみました★

 

 

 

■サッチャー錯視の不思議

 

 

bessyo_kakounasi

 

 

こちらはステラ漢方の爽やかボーイ、別所くんの顔写真です(・∀・)

 

それでは180度回転させてみましょう。

 

 

bessyo_sakasa

 

 

逆さまにしてみました★

 

そして、これをさらに180度回転させます。

 

 

すると元通り……

 

 

bessyo_syoumen

 

 

ではない。 (笑)

 

 

お気づきでしたか?

 

2枚目の↓この写真、

 

 

bessyo_sakasa

 

 

実は、目と口だけは回転させていないんです。

 

ですが正直、ほとんど違和感は感じないですよね(笑)

 

 

顔全体を180度回転して逆さまの状態で見ると、パーツの変化に気づきにくくなる。

 

この現象は「サッチャー錯視」と言われています(・∀・)

 

人間の目は上下逆さまの顔を認識するのがとても苦手なのだということです。

 

確かに地上で生活している私たちは、木の上で生活する動物とは違い、反転している顔を上手に認識する必要性はあまりないですもんね。^_^;

 

ちなみに目と口を反転させていない普通の写真でも逆さまから見ると、一瞬誰かわからなくなりやすいそうです。

(もちろん、個人差はありますが。)

 

手元に人物の写真があれば、ぜひお試しください(#^.^#)

 

 

 

■明暗の錯視

 

人の顔を識別するには、色の明暗もかなり重要です。

 

それでは再び別所くんに登場してもらいましょう♪

 

 

bessyo_kakounasi

 

 

それでは写真の明暗(コントラスト)を反転させてみます。

 

 

hanten

 

 

怖い!!!!

 

というのはさておいて、

 

 

「えっと、誰……?(;´・ω・)」

 

 

写真は同じなのですが、色が反転しただけで判別に困ってしまいます(;^_^A

顔の認識には色の明暗(コントラスト)が重要ということがお分かりいただけたでしょうか。

 

フィルムカメラのネガを見たときも同じですね。

仲良しの子と写っているのに、誰かわからない……と感じたことはありませんか?

 

これも明暗によって引き起こされる錯視なのです(・∀・)

 

 

 

■視線の錯視

 

今度は、ステラ漢方のイメージキャラクター「テラくん」のイラストを使った錯視をご紹介します♪

 

 

 

 

テラくんは今、視線は正面に向けて座っています。

つぶらな瞳に見つめられてキュンとしてしまいますね♡ キュン♡

 

では、テラくんの正面を向いた目だけをそのままに、体を左右反転させてみます。

 

すると……

 

 

 

 

あれ?目が合わない……( ;∀;)

 

テラく~ん!と呼んでみても、テラくんの視線は右を向いているように感じてしまいます。

目の形は、視線が正面に向いていた先程のイラストと全く同じなのに……( ;∀;)

 

 

 

 

目の形は同じなのに違うところを向いていると感じてしまうというこの現象を「ウォラストン錯視」といいます。

ちなみにウォラストンの原画では若い男性の顔が用いられています。

 

視線方向にも錯覚が起きるとは、面白いですね(#^.^#)

 

 

 

■錯視を使えばイメチェンもできる♪

 

錯視を利用すれば、顔の印象を大きく変えることができます★

 

分かりやすいのが、髪型♪(*^_^*)

 

 

 

 

 

上のイラストには4人の女性が描かれていますが、顔の輪郭やパーツの形はすべて同じ。

髪型だけが異なっています。

 

ですが、4人とも別人に見えてしまうほど、それぞれで印象が違いますね(・∀・)

それぞれの髪型が与える印象についてご紹介します♪

 

 

🌷シースルーバングは「清純派

 

シースルーバングは額がちらっと見えるくらいの毛量の前髪のこと。

表情がやわらかく見え、清純派の印象を与える髪型です(*^_^*)

 

 

🌷ノーバングは「大人っぽい

 

前髪を伸ばして横に流すノーバングでは大人っぽく見せることができます。

また、クールでキリッとした印象も与えられるので、知的に見せたいときにもおすすめ★

 

 

🌷斜め分けバングは「フェミニンな印象

 

前髪を右分け、または左分けで流す斜め分けバングはフェミニンで可愛らしい印象に♪

女性らしさを出したいときにおすすめの髪型です(#^.^#)

 

 

🌷重めバングは「ミステリアス

顔のパーツの中でも、特に感情の変化が現れやすいのが眉。

そのため、眉が隠れる重めの前髪は感情が読み取りづらく、ミステリアスな雰囲気を醸し出します( *´艸`)

 

 

ちなみに💡

イラストは女性ですが、男性でも髪型によって印象を変えることはできますよ(^^)

 

顔の印象を変えたいときには思い切って髪型を変えてみるのも一つの手★

私もそろそろ髪型を変えてみようかしら……♪

 

それでは次回もお楽しみに\(^o^)/


この記事の投稿者

soeda
soeda
メルマガ、企画担当。 天然、マイペースなそえぴーです。管理栄養士の資格を持っているので、食事や健康に対して常に勉強しています。デパ地下巡り、パン作りなど食に関することが大好きです!一緒に健康的な食生活を目指しましょう♪
最新記事